クリスマスに読みたい絵本 小学校での読み聞かせ(高学年向け)

子どもと楽しむ




こんにちは、なおです。

私は月に一度、小学校で絵本の読み聞かせをしています。

12月の読み聞かせは4年生担当になりました。

高学年向けのクリスマスの本選びって難しい

12月と言えば、クリスマス!

クリスマスの絵本は華やかで、夢もあって、素敵なものがいっぱいあります。

わくわく、何にしよう♪と考え始めたのですが。

いや、待って。

4年生、非常に微妙なお年頃です。

娘(4年生)も友だちから、サンタさんに関する重要情報を仕入れてきた様子。

うーん、一筋縄ではいかないぞ。

ここはいっそ、クリスマスから逃げるか。。

などと、考えていたら、他学年の絵本がどんどん決まっていきます。

なんと、5年生も、6年生までもがクリスマスで勝負している!(なんの勝負よ。笑)

ここは退くわけにはいかない!

4年生もクリスマスだ!

4年生に選んだクリスマス絵本は『急行「北極号」』

ということで見つけた絵本。

ものすごく、素敵な絵本がありました。

特急「北極号」作:クリス・ヴァン・オールズバーグ

訳は村上春樹さんです。

この絵本、空気感がすごくいいんです。

ひんやりと、静かで、でもあたたかい。

最初のページから、サンタクロースの存在を危ういものにしています。

そして、最後2ページで、深く心にしみる展開となります。

読みたい!でも大人数への読み聞かせには向いていないかも?
正直、読み聞かせには不向きかもしれないと思いました。

文章量が多くて、家で測ると約13分。

それに加えて、村上春樹さんの春樹節とも言える、淡々とした文章。

飽きてしまうかなー。

どーん!とした盛り上がりもないし。

終わった後、しーんとしちゃうかな。

でも、どうしても、この本を読みたい!

悩んだ結果、「この本を読みたい!」という自分の気持ちを信じて、チャレンジすることにしました。

急行「北極号」を4年生に読み聞かせた結果

読み始めると静まり返る教室。

いつもはユーモラスな絵本を選ぶことが多い私。

この静けさに逃げ出したくなりながらも、淡々と、力強く春樹節を読み進めます。

所々、大筋に影響がないところは飛ばしながら読みました。(村上さんすみません!)

読んでいくうちに子どもたちが、物語の中に引き込まれていく感じがしました。

物語は静かに終わります。

急行「北極号」、子どもたちの反応はこんな感じ

終わった後の子どもたちの感想はというと。。。(ネタバレあり)

  • 列車が来たのがびっくりした
  • 北極点に行ってみたいと思った
  • こびとがたくさんいてすごいと思った
  • 鈴の音が大人に聞こえないのがびっくりした

本当は、終わった後の感想はいらない!と思っている派なのです。

それぞれの中で、何かが残っていてくれたらうれしいなーと。

それをわざわざ言わなくてもいいんじゃない?と思っているのですが、今回は、ねぇねぇ、どうなの?どうだった??と片っ端から聞きたい気分でした。笑

しっかり伝わったかな、面白かったかな、と。

結果は私が思っていた以上にしっかり伝わっていました。

次からは、もっと自信を持って読める!

急行「北極号」を読んだ側の感想、読み聞かせのポイント

  • 何度か家で練習して、自信を持って挑むべし
  • 文字のある場所がページによって右側、左側と移動するので、自分で読みやすいように対策を考えておくべし
  • 村上節を淡々と読むのは、なんだか気持ちよかった
  • 子どもたちが真剣に聞き入ってくれてうれしかった

まとめ

いかがでしたか?
今回は読み聞かせレポートになりましたが、家でゆっくり読むのには、本当に素敵なお話です。
子どもに「サンタさんってホントにいるの?」と聞かれたら、一緒に読みたい絵本です。