バーミキュラで黒豆を炊いたよ

おすすめレシピ




も~いくつね~る~と~お正月~♪

お正月は実家や義実家でおせちをご馳走になる、ゆうこです。

そんな私がコレだけは作っているというのが、黒豆

黒豆って、豆にシワがよったり、硬かったり、柔らかくうまく煮るのって難しいですよね・・・。

そんな黒豆がバーミキュラで簡単に作れます!

レシピはバーミキュラオーナーズデスクのものを参考にしました。

バーミキュラオーナーズレシピでは300gの黒豆です。

一度150gで半分の調味料でつくってみましたが、シワがよって堅くなってしまいました。

バーミキュラ22cmで作るなら、必ず300gで作ってくださいね(*^^*)

黒豆レシピ

<材料>

バーミキュラ22cm鍋使用

  • 黒豆  300g/2カップ

A(煮汁の材料)

  • 熱湯  1.2リットル
  • 砂糖  200g
  • 醤油  大さじ2
  • 塩   大さじ1/2
  • 重曹  小さじ1
  • サビ釘 数本 (あれば)

<黒豆の作り方>

  1. 黒豆を洗って水気を切る。
  2. バーミキュラはフタと本体のフチに油を塗っておく。
  3. バーミキュラにAの煮汁の材料を入れフタをして15分ほど加熱し、沸騰したら火を止め黒豆とサビ釘を加えてフタをして1晩おく。
  4. フタを2cmずらして、3を中火で加熱し沸騰したらアクを取り除く。
  5. フタをして弱火に落とし1~2時間加熱したら、火を止めてそのまま冷やし、味を含ませたら完成。

※固めの食感がお好みの方は1時間の加熱で、柔らかめの食感がお好みの方は2時間加熱してください。

黒豆を実際に作ってみました

レシピ通りに作ると本当にうまく柔らかい黒豆ができます!

サビた釘がいるようですが、無かったので私は入れずに作ってみました。

※サビた釘を入れると、黒豆のアントシアニンと鉄のサビが化学反応をおこして、美しい黒々とした黒豆になるようです。

【1】まず、黒豆を洗って、水気を切ります。

【2】バーミキュラのフタと本体のフチに錆びるので油を塗っておきます。

【3】バーミキュラにAの材料を入れ、15分ほど中火で加熱します。

私が使った砂糖はこちら。

コープ自然派でおなじみの、自然派Style 種子島洗糖。

ザラッとした砂糖です。

重曹はこちら。

↓こちらの重曹はアルミニウムフリーで安心です。食品用ですが、たっぷり入っているのでお掃除用にも使えそうです。

 

なぜ黒豆を煮るときに重曹がいるのか?調べてみると、重曹がお豆のタンパク質を分解して、早くやわらかく煮ることができるからだそうです。

【4】沸騰したら火を止め、黒豆を加えます。(ある人はサビ釘も)

【5】フタをして1晩つけます。

【7】フタを2センチほどずらして中火で加熱し、沸騰したらアクをすくいます。

中火これくらいかな?

ふきこぼれないくらいの火加減にします。

アクが出たらすくいます。

【8】沸騰したら、フタをして弱火で1~2時間煮込みます。私はやわらかい黒豆が食べたいので2時間煮ます。

弱火ってこれくらいかな。

2時間煮ました。

バーミキュラで黒豆を2時間煮たところ

黒豆が煮汁にしっかり浸かってないと、豆にシワが寄ってしまいます。豆がしっかり煮汁につかっています。

黒豆バーミキュラで煮た

やわらかい黒豆ができました!

できたては、ちょっと茶色っぽいですが、何日かすると黒っぽくなります。

味も、甘すぎず辛すぎず調度良かったです(*^^*)

黒豆を半分の量150gで炊いてみた

黒豆の量を150gで炊いてみました。300gではちょっと多すぎるので・・・。

調味料も半分の量で炊きました。

弱火にしていたんですが、見事に吹きこぼれてしまいました(^_^;)

中身はどうでしょう。

???なんだか煮汁がないぞ・・・。

お豆を中央に寄せると。

悪くないように見えますが・・・。

盛り付けてみました。

やっぱりシワがよってますね・・・(^_^;)

結果

黒豆半分の量150gで、材料も材料ふきこぼれたこともあり、硬めの豆になってしまいました。

シワのないようにするには、豆が煮汁に浸かっているように、途中でお湯を足すことが必要だそうです。

火加減も強すぎたのだと思いますが、水分がなくなってしまったことと、22cm鍋では煮汁が浅くなったことが原因じゃないかと思われます。

レシピの分量を半分に変えるのは、良くないことがわかりました。

バーミキュラで作った黒豆を食べてみた感想

バーミキュラで作った黒豆を食べた感想を書いてみます。

  • 2時間炊くとやわらかく炊ける。
  • 分量どうり炊くとおいしくできる。
  • 豆と材料を減らすと良くない。
  • 黒い豆にしたい場合は錆びた釘、もしくはそれに代わるものを入れる。

という感じでした。

やわらかく、おいしい黒豆ができて満足です。

次回は、錆びた釘を用意して黒い豆にしたいところですが、なかなか用意することが難しい(^_^;)

そこでこんな商品が・・・。

「てつまる 」というかわいい名前。

日本製で安心です。

日常の鉄分補給のために作られたもののようです。

重たいものと比べ、これは取り出しやすそうです。リング製でひっかけて乾かしやすそう。

鉄なので、サビさせて使えばこれでOK!

でも、メジャーなのはこっちですかね↓

令和の記念にもいいですね!

まとめ

バーミキュラで黒豆がおいしくできて大満足です!

分量をきちんと量るだけで、初心者でも簡単に黒豆ができますよ(*^^*)

バーミキュラを持ってる皆さん、ぜひバーミキュラでおいしい黒豆を炊いてみてくださいね!

こちらは、普通の鍋で炊く土井勝さんの黒豆のレシピ。

黒豆レシピはこちら↓

こちらの記事もおすすめ

バーミキュラで土井勝さんの黒豆!絶品レシピ

2018.12.31